《のんびり低カフェイン生活》ノンカフェイン&カフェインレスで楽しむおいしいお茶の時間

カフェインゼロ&少なめのおいしいお茶の感想を綴るブログ。 ルイボスティーを中心に、ノンカフェインの飲みやすいハーブティー、カフェインレス・デカフェの紅茶・ほうじ茶・緑茶など、おすすめのお茶を紹介します。すっぱくない、苦くない、ティータイムが楽しくなるお茶を探す日々。

【ノンカフェイン】思わず箱買い! DAMMANN Frères「Rooibos Cederberg」【ルイボスティー】

DAMMANN Frères - Rooibos Cederberg(ノンカフェイン、ティーバッグ)

今回は、私がこれまで出会ったルイボスティーの中で圧倒的な印象を残している、DAMMANN Frères(ダマンフレール)のRooibos Cederberg(ルイボス・セダーバーグ)をご紹介します。

ダマンフレールはフランス・パリの老舗紅茶ブランド。旅先のカフェで偶然飲んで美味しさに衝撃を受け、その場で箱ごと購入してしまいました…。

本当においしいのでおすすめです。

※ ブログを始める前に飲み終えてしまったため、振り返りでのレポート&レビューをお届けします。


f:id:lowcaffeinelife:20200212131525j:plain

DAMMANN Frères - Rooibos Cederberg (24 tea bags)

 

▼ ▼ ▼

 


目次


※ ブログを始める前に飲み終えてしまったため、振り返りでのレポート&レビューをお届けします。

主観的評価

(※ 評価はすべて主観的なものです。評価項目についてはこちらの記事で)

おいしさ ★★★★★
さっぱり感 ★★★★★
華やかさ ★★★
飲みやすさ ★★★★★
カフェイン感 0/5

中身

ティーバッグがプラスチック製のアルミ蒸着パックで個包装されています。個包装は一般のものに比べて横幅が狭く、スリムです。

ティーバッグは、中の茶葉が透けて見えるナイロンメッシュ製。「クリスタルティーバッグ」と呼ばれる、Dammann独自のティーバッグだとか。

淹れる時間は4〜5分。お湯の温度は90℃と、沸騰する手前のものが推奨されていました。

f:id:lowcaffeinelife:20200212131525j:plain

DAMMANN Frères - Rooibos Cederberg (24 tea bags)

淹れた様子

平たいナイロンメッシュ製のティーバッグは、お湯に入れると立体的なピラミッド(四面体)型に変化。メッシュのおかげでお湯の通りがよく、早い段階から赤みを帯びた綺麗な色が出始めていました。

出来上がりのルイボスティーは、透き通ってつやのある赤褐色に。

飲み心地・感想

まろやか、かつすっきりとした飲み心地。渋み・えぐみはもちろんゼロで、水よりもスルリと喉を通っていきます。
フレーバーを加えていないにも関わらず、ルイボスティーそのものの香りが華やかで、ティータイムを幸せに過ごすことができました。
 
私がこのお茶を初めて飲んだのは、かつて訪れたヨーロッパでのこと。カフェでケーキのお供にルイボスティーを頼んだところ、それがあまりにおいしいことに衝撃を受けました。思わず箱ごと購入して帰ってきましたが(とても良心的なお値段でした)、今となってはあと数箱買っておけばよかった……と思うほどです。
ちなみに、Cederbergとは、ルイボスの原産地であるセダーバーグ地域(南アフリカ共和国 西ケープ州内)のことです。
 
DAMMANN Frères(ダマンフレール)はフランス・パリの老舗紅茶ブランドで、他にもさまざまな紅茶やルイボスティーを世に送り出しているとのこと。
このフレーバーなしのルイボスティー、Rooibos Cederberg を通販で扱っているお店は多くないようですが、ぜひまた手に入れたいと画策中です。
現在のところ、日本までの送料込みで、ティーバッグ1つあたり200円ほどの計算。確実にそれ以上の価値があると感じる、再会が楽しみになるルイボスティーでした。

 

 

★この他の飲みやすいおすすめルイボスティーの記事はこちらから。

blog.low-caffeine.com

★読者登録はこちらから。励みになります。