《のんびり低カフェイン生活》ノンカフェイン&カフェインレスで楽しむおいしいお茶の時間

カフェインゼロ&少なめのおいしいお茶の感想を綴るブログ。 ルイボスティーを中心に、ノンカフェインの飲みやすいハーブティー、カフェインレス・デカフェの紅茶・ほうじ茶・緑茶など、おすすめのお茶を紹介します。すっぱくない、苦くない、ティータイムが楽しくなるお茶を探す日々。肩肘張らず、手軽に気楽に淹れられるティータイムを。

【ノンカフェイン】おしゃれな実力派 Steven Smith Teamaker「Red Nectar」はギフトにもおすすめ【フレーバー付きルイボスティー】

Steven Smith Teamaker - Red Nectar(ノンカフェイン、ルイボスティー)

今回は、米国発のティーブランド「Steven Smith Teamaker(スティーヴン・スミス・ティーメーカー)」のフレーバー付きルイボスティー「Red Nectar(レッド・ネクター)」をご紹介します。

歴史柄、コーヒー文化が根付いているアメリカですが、反対にノンカフェインの飲み物を扱うティーブランドも増えてきています。オレゴン州ポートランドに本社を構えるSteven Smith Teamakerもその一つ。

今日購入してみたRed Nectarは、アイスで飲むとクリアな味わいが、ホットで淹れるとどこか紅茶のような飲みごたえも感じられる、実力派のブレンドルイボスティー。

スタイリッシュなパッケージで、贈り物やオフィスのブレイクルームのアクセントにも嬉しい逸品です。

f:id:lowcaffeinelife:20200322033425j:plain

Steven Smith Teamaker - Red Nectar (lowcaffeinelife)

 

 

▼ ▼ ▼


目次


 

お茶の主観的評価

(※ 評価は5段階、すべて主観的なものです。評価項目についてはこちらの記事で)

おいしさ ★★★★
さっぱり感 ★★★★
華やかさ ★★★
飲みやすさ ★★★★
カフェイン感 0/5

概要

米国オレゴン州の Steven Smith Teamaker(以下 Smith Tea)は、世界中から高品質の素材を集めて作るお茶が人気のティーブランド。運河沿いに発展し、隠れた美食の街でもある都市、ポートランドに生まれ、そのこだわりの味で人気を集めてきました。

創業者の故スティーヴン・スミス氏は、かつて「Stash」や「Tazo」(現在はスターバックスのティーブランドとしておなじみです)などのティーカンパニーを起業した経歴の持ち主。

紅茶、緑茶、中国の白茶のほか、ルイボスやハーブをベースにしたノンカフェインのブレンドティーも得意としているブランドです。

今回試してみた「Red Nectar(レッドネクター)」は、ルイボスと、同じく南アフリカに自生するハニーブッシュを中心としたハーブブレンドティーです。ポートランドを訪れた際に店頭で購入しましたが、日本でもティーバッグの通販購入が可能です。

f:id:lowcaffeinelife:20200322031110j:plain

ポートランドにある Steven Smith Teamaker のティールーム - lowcaffeinelife

お茶の中身

四角いスタイリッシュな缶にはブランドのロゴが印刷され、お茶の説明がついたラベルが貼られています。

淹れる時間は5分間。缶の側面に記載されています。

f:id:lowcaffeinelife:20200322035605j:plain

f:id:lowcaffeinelife:20200322035609j:plain

Steven Smith Teamaker - Red Nectar 缶の説明とラベル - lowcaffeinelife

缶を開け、透明の内袋から茶葉を出してみます。ルイボスの細長い葉のほか、ハニーブッシュの刻んだ茎や、黄白色の植物の葉のようなものも。

f:id:lowcaffeinelife:20200322035740j:plain

Steven Smith Teamaker - Red Nectar:茶葉の様子 - lowcaffeinelife

 

お茶を淹れた様子

ルースティーから一人分のお茶を淹れるときにはおなじみ、不織布のお茶パックを使ってカップで淹れました。

カップに沸騰したお湯を注ぎ、5分待ちます。お湯に広がる色が美しく、見事なルージュレッドの発色になりました。

f:id:lowcaffeinelife:20200322040318j:plain

f:id:lowcaffeinelife:20200322040320j:plain

Steven Smith Teamaker - Red Nectar 淹れ始め(1)と出来上がり(2) lowcaffeinelife

 

お茶の味・飲みやすさ

「フルーティーなお茶」という先入観を良い意味で裏切られました。ルイボスティーの滑らかさと、ハニーブッシュティーの奥深さが溶け合った豊かな味わい。低カフェイン生活を送る中で忘れがちだった、お茶らしい飲みごたえを感じさせてくれます。

お茶がまとったフルーツの香りは、決して主張せずごく控えめで、最初は気づかないかもしれません。少し冷まして飲むことで、みずみずしさが表に出てきます。

氷を入れたアイスティーにすれば、透明感の高いクリアな味わいも。

 

ボディがしっかりしているので、ミルク(牛乳、アーモンドミルクなど)を加えたミルクティーアレンジを開拓しても良さそうです。いろいろな味わい方のできる、実力派のブレンドティーでした。

Steven Smith Teamaker のノンカフェインティーは、今回試したルースティータイプのほか、箱に入ったティーバッグタイプも展開されています。いずれもスタイリッシュなデザインで、ギフトにもおすすめ。日本でも通販で買うことができますので、見かけたらぜひお試しを。

 

 

 

★その他のおすすめフレーバールイボスティーの記事はこちらから。

▼▼▼

blog.low-caffeine.com

★読者登録はこちらから。励みになります。

▼▼▼